Anything Arena

~FlatWest Square Volume 4.0~

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

--/--/-- --. --:--    comment: --   [  ]

・・・実は本当に買いました。

以前の記事

・・・nova lite でも買おうかな(←違うだろ)

と書いたんですけど、実は本当に買っちゃいました。ついつい、出来心で。(笑)


・・・まあ、何と言いますか、ホントにねえ、安かったもので、ついつい。(笑)

「セール価格+たまっていたポイント」での購入だったもので、結果的に価格的には P9 1台の購入価格でコレが4台ほど買える値段になりました。なので、声を大にして言いますが、

コスパ最高です。(笑)

カメラ性能、反応速度ではP9に劣りますけど、日常的な使い方をする上では、この端末の性能で十分という気がします。ゲームをする方には貧弱なのかもしれませんが。。。


P9 のそれよりフットプリントが小さい外箱は、高さ方向で倍以上あります。


付属品。液晶面を保護するフィルムは、nova lite には同梱されていません。


同梱されているプラスチック系のクリアケースは、背面と四隅のみ保護します。このケースを含め、付属品はまだ一度も使ったことがありません。^-^;


nova lite を運用するために用意した MicroSD カードと SIM カード。MicroSD カードには USB カードリーダーを使って、あらかじめ動画や音楽などのデータをコピーしてあります。

音声通話は P9 のほうでカバーするので nova lite には データ+SMS のSIMを用意。SIM の発行手数料をケチるため、某通販サイトにて SIM パッケージを購入。しめて 540 円。これで約 2,700 円が浮く・・・ハズでした。

ところがぎっちょん、契約してわずか数日後にツィッターでこんなアナウンスが・・・。
そーです、もう少し待っていれば、540円さえ必要なかったのです。おさまりきらない私は公式アカウントさんに文句をぶーたれます。(笑)

・・・そのお返事がこれ。(笑)

ちなみに、心の中にうまい棒はまだ届いておりません。。。

話を元に戻します。


用意した MIcroSD カード と SIM をトレイに載せて、本体に挿入します。ちなみに nova lite は MicroSD カードと排他で nano SIM が2枚挿せますが、DSDS には対応していません。


本体表面。液晶保護のため、とりあえず強化ガラスフィルムを貼っています。ガラスに映っているモノについては気にしないでください。。。


背面。表面とおなじように 2.5D のガラスで覆われています。ゴリラガラスではありません。


背面下部には HUAWEI のロゴマークがあります。ちなみに P9 にこのロゴマークはありません。


背面上部にある指紋センサー。P9 と同じように指紋認証は光速・・・と言っていいほど高速です。


カメラ部分。ミョーなでっぱりは一切ありません。思わず頬ずりしたくなるほどツルっとしています。恥ずかしいので人前ではやりませんが。(笑)


とりあえず NILLKIN の TPU ケースをつけて運用中。


こちらはケース装着後の背面。ボタン廻りは露出です。


セットアップ直後のストレージ容量(左)と、Geekbench4 の値(右)。P9 に比べると、ベンチマークの値はかなり劣ります。


Wi-Fi は IEEE802.11a/g/n の 2.4GHz。5GHz には対応していませんが、11n で最大 200Mbps のリンク速度が出ます。(左)

セットアップした数日後、システム更新の案内がきたので即実行。このアップデートにより「画面ロック」ウィジェットが使えるようになります。「画面ロック」ウィジェットでロックした画面を指紋認証で解除すれば、物理ボタンを触ることはほとんどなくなります。


カメラは QR コードリーダーとしても使えますが、当然ながら起動方法を知らないと使えません。

QRコードリーダーを起動するには、ホーム画面の何もないところを下にスワイプして出てくる検索ボックスの左端のアイコンをタップ(右画像の○印)するか、ロック画面の下端を上にスワイプして右端のアイコンをタップ(左画像の○印)します。


これまでどおりメインの端末は P9 のままなので、nova lite はサブ、あるいは予備機としての運用になりますが、2万円前後で買える端末としてはとても優秀なスマホです。

・・・いい音色だろ? ジオンはあと十年は戦える!(by マ・クベ)

・・・なんじゃそりゃ。。。(*´ω`*)

カテゴリ: HUAWEI nova lite

テーマ: スマートフォン - ジャンル: 携帯電話・PHS

[edit]

2017/04/16 Sun. 19:30    comment: 0   [ 28 ]

コメント

コメントの投稿


Anything Arena について

累積ご来訪者数

ブログ更新日一覧

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

最近いただいたコメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。