Anything Arena

~FlatWest Square Volume 4.0~

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

--/--/-- --. --:--    comment: --   [  ]

新しい無線LANルータ

3年ほど前から使っていた無線 LAN ルータがすばらしく不調に陥った(2.4GHz帯が沈黙してしまった)ので、思いきって新しいモノに買いかえました。

前と同じ NEC の製品で品番はAterm WG2600HP2(PA-WG2600HP2)

今まで使っていたモノより横幅がすこし大きくなったけれど、これを壁にかけて使います。

某ツクモ電機さんに注文して、翌々日に到着しました。


本体表面。

前述のとおり壁にかけて使うので、スタンドはそれ用に付け替えています。本体に映りこんでしまった私の手は見なかったことにしてください。(笑)

本体裏面。

壁かけ用のネジ穴がふたつあります。ネジ頭にひっかけてぶらさげるタイプです。

本体側面。

1000BASE-T の LAN ポートが4つ、WAN ポートがひとつあります。USB は 3.0 に対応。反対側の側面は撮り忘れました。。。


ネットワーク内に NTT のひかり電話ルータ(PR-400NE)があるので、無線 LAN ルータは「ブリッジモード」で使います。

・・・とりあえず箱から本体を取り出したら、「らくらくスタートボタン」を押しながら電源を投入。本体内にある「強制 DHCP サーバ」の起動を確認(CONVERTERランプが緑に点滅します)した後に初期設定をおこないます。

ユーザーズマニュアルによると、通常、初期設定はパソコンを無線 LAN ルータの LAN ポート に接続しておこなうらしいのですが、ケーブルを抜き差しするのがメンドーだったので、おもむろにノートパソコンを起動。無線 LAN ルータの裏面に書かれているパスワードを使って Wi-Fi 接続をしたのち、ノートパソコンから初期設定をおこないました。

・・・初期設定といっても、無線 LAN ルータの IP アドレスを固定に変更しただけですけどね。(笑)

その後はネットワークに繋いで、ふだん使っているパソコンから各種の設定をおこないました。

「クリック設定 Web」のデザインは、以前のモノよりだいぶ人間らしくなっています。


ちなみに、仕様によると 11ac で 1733 Mbps、11n で 800Mbps の最大リンク速度(理論値)が出せるらしいのですが、ウチにはまだそんな機械はありません。

まあ、大は小を兼ねるということで。(笑)

カテゴリ: ハードウェア

テーマ: PC周辺機器 - ジャンル: コンピュータ

[edit]

2017/04/07 Fri. 18:00    comment: 0   [ 22 ]

コメント

コメントの投稿


Anything Arena について

累積ご来訪者数

ブログ更新日一覧

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

最近いただいたコメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。